代謝疾患(糖尿病)による障害

※ 障害認定基準を省略し、解釈を加えています

代謝疾患(糖尿病)による障害の程度は、次により認定します。

●認定基準

代謝疾患による障害については、次のとおりです。

代謝疾患による障害の程度は、合併症の有無及びその程度、代謝のコントロール状態、治療及び症状の経過、具体的な日常生活状況等を十分考慮し、総合的に認定するものとし、当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当するものと認定します。

●認定要領

(1) 代謝疾患は、糖代謝、脂質代謝、蛋白代謝、尿酸代謝、その他の代謝の異常に分けられるが、認定の対象となる代謝疾患による障害は糖尿病が圧倒的に多いため、本節においては、糖尿病の基準を定めています。
(2) 糖尿病による障害の程度は、合併症の有無及びその程度、代謝のコントロール状態、治療及び症状の経過、具体的な日常生活状況等を十分考慮し、総合的に認定します。
(3) 糖尿病とは、その原因のいかんを問わず、インスリンの作用不足に基づく糖質、脂質、タンパク質の代謝異常によるものであり、その中心をなすものは高血糖です。
糖尿病患者の血糖コントロール不良状態が長年にわたると、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症等の慢性合併症が発症、進展することとなります。
糖尿病の認定は、血糖のコントロール状態そのものの認定もあるが、多くは糖尿病合併症に対する認定です。
(4) 血糖のコントロールの良否については、インスリン治療時におけるHbA1c及び空腹時血糖値を参考とすることとし、HbA1cが8.0%以上及び空腹時血糖値が140mg/dl以上の場合にコントロールの不良とされます。
(5) 糖尿病による障害の程度を一般状態区分表で示すと次のとおりです。


(6) 糖尿病については、次のものを認定します。
ア インスリンを使用してもなお血糖のコントロールの不良なものは、3級と認定します
イ 合併症の程度が、認定の対象となるもの
なお、血糖が治療、一般生活状態の規制等によりコントロールされている場合には、認定の対象となりません

(7) 糖尿病性網膜症を合併したものによる障害の程度は、本章「第1節 眼の障害」の認定要領により認定します。
(8) 糖尿病性腎症を合併したものによる障害の程度は、本章「第12節 腎疾患による障害」の認定要領により認定します。
(9) 糖尿病性神経障害は、激痛、著明な知覚の障害、重度の自律神経症状等があるものは、本章「第9節 神経系統の障害」の認定要領により認定します。
ア 単なる痺れ、感覚異常は、認定の対象となりません
イ 糖尿病性神経障害が長期間持続するものは、3級に該当するものと認定します

(10) 糖尿病性動脈閉塞症は、運動障害を生じているものは、本章「第7節 肢体の障害」の認定要領により認定します。
(11) その他の代謝疾患は、合併症の有無及びその程度、治療及び症状の経過、一般検査及び特殊検査の検査成績、認定時の具体的な日常生活状況等を十分考慮して、総合的に認定します。

 

 

高血圧症による障害

※ 障害認定基準を省略し、解釈を加えています

高血圧症による障害の程度は、次により認定します。

●認定基準

高血圧症による障害については、次のとおりである。

高血圧症による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、一般状態、血圧検査、血圧以外の心血管病の危険因子、脳、心臓及び腎臓における高血圧性臓器障害並びに心血管病の合併の有無及びその程度等、眼底所見、年齢、原因(本態性又は二次性)、治療及び症状の経過、具体的な日常生活状況等を十分考慮し、総合的に認定するものとし、当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当するものと認定します。

●認定要領

(1) 高血圧症とは、おおむね降圧薬非服用下で最大血圧が140mmHg以上、最小血圧が90mmHg以上のものをいいます。
(2) 高血圧症により脳の障害を合併したものによる障害の程度は、本章「第8節 精神の障害」及び「第9節 神経系統の障害」の認定要領により認定します。
(3) 高血圧症により心疾患を合併したものによる障害の程度は、本章「第11節 心疾患による障害」の認定要領により認定します。
(4) 高血圧症により腎疾患を合併したものによる障害の程度は、本章「第12節 腎疾患による障害」の認定要領により認定します。
(5) 悪性高血圧症は1級と認定します。
この場合において「悪性高血圧症」とは、次の条件を満たす場合をいいます。
ア 高い拡張期性高血圧(通常最小血圧が120mmHg以上)
イ 眼底所見で、Keith-Wagener分類?群以上のもの
ウ 腎機能障害が急激に進行し、放置すれば腎不全にいたる
エ 全身症状の急激な悪化を示し、血圧、腎障害の増悪とともに、脳症状や心不全を多く伴う

(6) 1年内の一過性脳虚血発作、動脈硬化の所見のほかに出血、白斑を伴う高血圧性網膜症を有するものは2級と認定します。
(7) 頭痛、めまい、耳鳴、手足のしびれ等の自覚症状があり、1年以上前に一過性脳虚血発作のあったもの、眼底に著明な動脈硬化の所見を認めるものは3級と認定します。
(8) 大動脈解離や大動脈瘤を合併した高血圧は3級と認定する。なお、症状、具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定します。
(9) 動脈硬化性末梢動脈閉塞症を合併した高血圧で、運動障害を生じているものは、本章「第7節 肢体の障害」の認定要領により認定します。
(10) 単に高血圧のみでは認定の対象となりません。

 

その他の疾患による障害

※ 障害認定基準を省略し、解釈を加えています

その他の疾患による障害の程度は、次により認定します。

●認定基準

その他の疾患による障害については、次のとおりです。

その他の疾患による障害の程度は、全身状態、栄養状態、年齢、術後の経過、予後、原疾患の性質、進行状況等、具体的な日常生活状況等を考慮し、総合的に認定するものとし、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状があり、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当するものと認定します。

●認定要領

(1) その他の疾患による障害は、本章「第1節 眼の障害」から「第17節 高血圧症による障害」において取り扱われていない疾患を指すものであるが、本節においては、腹部臓器・骨盤臓器の術後後遺症及びいわゆる難病並びに臓器移植の取扱いを定めています。
(2) 腹部臓器・骨盤臓器の術後後遺症
ア 腹部臓器・骨盤臓器の術後後遺症とは、胃切除によるダンピング症候群等、短絡的腸吻合術による盲管症候群、虫垂切除等による癒着性腸閉塞又は癒着性腹膜炎、腸ろう等をいいます
イ 腹部臓器・骨盤臓器の術後後遺症の障害の程度は、全身状態、栄養状態、年齢、術後の経過、予後、原疾患の性質、進行状況、具体的な日常生活状況等を考慮し、総合的に認定します

(3) 人工肛門、新膀胱
ア 人工肛門又は新膀胱を造設したもの若しくは尿路変更術を施し  たものは、3級と認定します。
  なお、次のものは、2級と認定する
 (ア) 人工肛門を造設し、かつ、新膀胱を造設したもの又は尿路    変更術を施したもの
 (イ) 人工肛門を造設し、かつ、完全排尿障害(カテーテル留置又    は自己導尿の常時施行を必要とする)状態にあるもの
なお、全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、進行状況等により総合的に判断し、さらに上位等級に認定します
イ 障害の程度を認定する時期は、人工肛門、新膀胱又は尿路変更術を施した日(初診日から起算して1年6月以内の日に限る。)とします

(4) いわゆる難病については、その発病の時期が不定、不詳であり、かつ、発病は緩徐であり、ほとんどの疾患は、臨床症状が複雑多岐にわたっているため、その認定に当たっては、客観的所見に基づいた日常生活能力等の程度を十分考慮して総合的に認定します。
なお、厚生労働省研究班や関係学会で定めた診断基準、治療基準があり、それに該当するものは、病状の経過、治療効果等を参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定します。


(5) 障害の程度は、一般状態が次表の一般状態区分表のオに該当するものは1級に、同表のエ又はウに該当するものは2級に、同表のウ又はイに該当するものは3級におおむね相当するので、認定に当たっては、参考とします。


(6) 本章「第1節 眼の障害」から「第17節 高血圧症による障害」及び本節に示されていない障害及び障害の程度については、その障害によって生じる障害の程度を医学的に判断し、最も近似している認定基準の障害の程度に準じて認定します。
(7) 臓器移植の取扱い
ア 臓器移植を受けたものに係る障害認定に当たっては、術後の症状、治療経過及び検査成績等を十分に考慮して総合的に認定します
イ 障害等級に該当するものが、臓器移植を受けた場合は、臓器が生着し、安定的に機能するまでの間、少なくとも1年間は従前の等級とします
なお、障害等級が3級の場合は、2年間の経過観察を行います

 

Copyright© 2013 NPO Salvage All Right Reserved

●TOPページ ●ことば解説 ●障害認定基準 ●障害年金講座(マンガ解説)
●社会保険労務士の紹介 ・公的年金と障害年金 ・眼の障害
・障害年金の趣旨は?
●代行申請の料金とサービス ・障害年金の仕組みと支給額 ・聴覚の障害 ・行政の対応は?
●サルベージとは ・障害年金の対象となる傷病 ・鼻腔機能の障害 ・結局、いくら年金もらえるの?
●障害年金のきほん ・障害の状態・等級とは ・平衡機能の障害 ・社労士の報酬は?
●Webマンガでわかる障害年金 ・障害認定基準とは ・そしゃく・嚥下機能 ・どんな病気でもらえるの?
●障害年金Q&A ・受け取るための3つの条件 ・言語機能の障害 ・「もらえる条件」って何?
・初診日とは ・肢体の障害 ・初診日って何?
・相当因果関係とは ・精神の障害 ・初診日がなぜ大切なの?
・社会的治癒(再発)とは ・神経系統の障害 ・保険料納付要件って何?
●サイト内検索 powered by Google
・重要な保険料納付要件とは ・呼吸器疾患 ・障害認定日って何?
・障害認定日とは ・心疾患 ・障害等級って何?
・タイプ別の請求時期 ・腎疾患 ・診断書で重要なことは?
・障害手当金とは ・肝疾患 ・いつお金はもらえるの?
・20歳前傷病とは ・血液・造血器疾患 ・働いたらストップするの?
・特別障害給付金とは ・代謝疾患 ・不服なら行政に楯突こう!
・お手続きと必要な書類 ・がん
・審査する書類 ・高血圧
・年金請求書の提出先 ・その他の疾患
・審査請求
・他の給付制度との調整
・障害が重くなったら