障害年金の等級を決めるルール

どんな病気の方が、どんな状態で、どんな条件なら障害年金が受けられるのでしょうか?
障害の状態は、国民年金法・厚生年金保険法の「施行令別表」で大まかにランク付けされています。この大まかにランク付された障害の状態を「どのように判断するのか」について具体的に解説しているのが「障害認定基準」です。
実際の障害年金の等級は、この解説書によって判断されます。

施行令

国民年金法・厚生年金保険法の「施行令別表」は、厚生労働省の政令です。一方、「障害認定基準」は厚生労働省年金局長の通知です。つまり、政令で障害等級の大枠を示し、通知で実際の等級を決めるルールを示しているのです。

国民年金法施行令には障害年金等級の1級と2級について、厚生年金法施行令には障害年金等級3級と一時金である障害手当金について、障害の状態に対応したランクが示されています。

では、「施行令別表」「障害認定基準」の順番でそれぞれ示された障害の状態をみてみましょう。あなたの障害の状態が、何級に該当するのか確認してみてください。

 

1級・2級の障害の状態(施行令別表)

国民年金法施行令別表に規定されている障害等級1級・2級の障害状態は次の通りです。 1級と2級は国民年金法および厚生年金保険法とも共通です。

1級

2級

 

3級の障害の状態(施行令別表)

厚生年金法施行令別表に規定されている障害等級3級の障害の状態は次の通りです。3級は国民年金のみに加入している人は「もらえない」ので注意が必要です。

3級

(備 考)
1.視力の測定は、万国式試視力表によるものとし、屈折異常があるものについては、矯正視力によって測定する。
2.指を失ったものとは、おや指は指節間関節、その他の指は近位指節間関節以上を失ったものをいう。
3.指の用を廃したものとは、指の末節の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
4.趾の用を廃したものとは、第一趾は末節の半分以上、その他の趾は遠位趾節間関節以上を失つたもの又は中足趾節関節若しくは近位趾節間関節(第一趾にあつては趾節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。

障害手当金の障害の状態(施行令別表)

障害手当金は年金ではなく「一時金」です。3級は国民年金のみに加入している人は「もらえないの」で注意が必要です。また、支給要件は、病気やケガにより初診日から5年以内にその病気やケガが治っていることです。病気やケガが「治っている」という状態は、症状が固定していて、治療の効果が期待できない状態をいいます。治っていなければ障害等級3級に該当する場合もあります。

詳しく

■障害手当金

厚生年金法施行令別表に規定されている障害手当金の障害の状態は次の通りです。

手当金

(備 考)
1.視力の測定は、万国式試視力表によるものとし、屈折異常があるものについては、矯正視力によって測定す る。
2.指を失ったものとは、おや指は指節間関節、その他の指は近位指節間関節以上を失ったものをいう。
3.指の用を廃したものとは、指の末節の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
4.趾を失ったものとは、その全部を失ったものをいう。
5.趾の用を廃したものとは、第一趾は末節の半分以上、その他の趾は遠位趾節間関節以上を失つたもの又は中足趾節関節若しくは近位趾節間関節(第一趾にあつては趾節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。

各傷病の障害認定基準

国民年金法・厚生年金保険法の「施行令別表」で大まかにランク付された障害の状態を「どのように判断するのか」について具体的に解説しているのが「障害認定基準」です。各病気やケガごとに実際の等級を決めるルールが示されています。

障害認定基準では、「眼」「聴覚」「鼻腔機能」「平衡機能」「そしゃく・嚥下機能」「言語機能」「肢体」「体幹・脊柱」「精神」「神経系統」「呼吸器」「心疾患」「腎疾患」「肝疾患」「血液・造血器疾患」「代謝疾患」「ガン」「高血圧症」「その他の疾患」の項目ごとに詳しく基準が解説されています。

各病気やケガごとの等級表は次の通りです。あなたの障害の状態が、何級に該当するのか確認してみてましょう。

 

 

 

Copyright© 2013 NPO Salvage All Right Reserved

●TOPページ ●ことば解説 ●障害認定基準 ●障害年金講座(マンガ解説)
●社会保険労務士の紹介 ・公的年金と障害年金 ・眼の障害
・障害年金の趣旨は?
●代行申請の料金とサービス ・障害年金の仕組みと支給額 ・聴覚の障害 ・行政の対応は?
●サルベージとは ・障害年金の対象となる傷病 ・鼻腔機能の障害 ・結局、いくら年金もらえるの?
●障害年金のきほん ・障害の状態・等級とは ・平衡機能の障害 ・社労士の報酬は?
●Webマンガでわかる障害年金 ・障害認定基準とは ・そしゃく・嚥下機能 ・どんな病気でもらえるの?
●障害年金Q&A ・受け取るための3つの条件 ・言語機能の障害 ・「もらえる条件」って何?
・初診日とは ・肢体の障害 ・初診日って何?
・相当因果関係とは ・精神の障害 ・初診日がなぜ大切なの?
・社会的治癒(再発)とは ・神経系統の障害 ・保険料納付要件って何?
●サイト内検索 powered by Google
・重要な保険料納付要件とは ・呼吸器疾患 ・障害認定日って何?
・障害認定日とは ・心疾患 ・障害等級って何?
・タイプ別の請求時期 ・腎疾患 ・診断書で重要なことは?
・障害手当金とは ・肝疾患 ・いつお金はもらえるの?
・20歳前傷病とは ・血液・造血器疾患 ・働いたらストップするの?
・特別障害給付金とは ・代謝疾患 ・不服なら行政に楯突こう!
・お手続きと必要な書類 ・がん
・審査する書類 ・高血圧
・年金請求書の提出先 ・その他の疾患
・審査請求
・他の給付制度との調整
・障害が重くなったら