5 正式に委任契約「着手金0円キャンペーン実施中」

障害年金専門の社会保険労務士に正式に委任契約される場合は有料です。NPO法人が会員の社労士を斡旋し、個別に業務委託契約を結ぶことになります。料金は下記の通りです。障害をお持ちの方とそのご家族には、社労士事務所や年金事務所に出向いていただくなどのご負担を一切お掛け致しません。家族同様のサービスを目指し、全力でサポートいたします。

申請サポート 着手金0円+受給権取得後の報酬(1,2,3のいずれか、高い金額)
1、年金の2カ月分(加算分を含む)相当額(税別)
2、遡及された場合は初回年金入金額の10%+年金の1カ月分(税別)
3、金10,8000円
※保険の加入要件のチェックのための年金記録確認は、ご成約前に無料でサポートいたします。
審査請求 着手金2万1000円(税込)+受給権取得後の報酬 (1,2のいずれか、高い金額) 
1、年金の3カ月分(加算分を含む)相当額(税別)
2、遡及された場合は初回年金入金額の20%(税別)

※再審査請求・額改定請求についての料金はお問い合わせください

●着手金とは

交通費、通信費、申請書類作成、希望があれば診断書を作成する医師への説明の同行などすべてが含まれています。料金を明確にする趣旨で、着手金をしっかり明記いたしました。ご成約後に交通費などの追加料金を請求することは一切ございませんのでご安心ください

なお、医療機関が発行する受診状況等証明書(3000円程度)、診断書作成費用(5000円〜1万円)の作成費用についてはご依頼者様のご負担になります。

●受給権取得後の報酬とは

障害年金の支給決定が確定したときに発生する報酬のことです。障害年金が振り込まれてから、報酬をお支払いいただきます。不支給となったときには一切費用は発生いたしませんのでご安心ください。

また、NPO法人の活動の一環として、特に生活が困難な方には報酬の分割払いも承っております

■■■■■サポートする社会保険労務士はこちら

 

6 申請書類作成の流れ 「ご依頼者様の負担を最小限に」

●まずは年金加入記録の確認

ご依頼者様から委任状を頂き、社会保険労務士が年金事務所に出向き、年金加入記録の確認を無料でサポートいたします。

●オーダーメイドの申請手順ご案内書を作成

カウンセリングの内容や年金加入記録を十分検証し、ご依頼者様の請求の手順についてのご案内書を作成します。お一人おひとりの状況に応じたオーダーメイドのご案内書です。その後に着手金のお振込をお願いいたします。

●受診状況等証明書の入手

ご依頼者様が病気やケガで医療機関を初めて受診された日の証明で、医療機関が発行する書類です。転院をされている場合には必要となるものです。もちろん社会保険労務士が入手の手続きをいたします。ご依頼者様には一切ご負担をおかけしません。もし自分で入手されたい場合は、アドバイスやサポートもいたしております。

●診断書を記載される医師への依頼文書作成

医師に適切な診断書を書いて頂けるよう、ご依頼者様からのヒアリングをもとに、日常生活での支障の状況などをお伝えする依頼文書を作成します。診断書の用紙と一緒に、医師にお渡しいただくものです。

●診断書作成のご依頼

ご依頼者様が医師へ診断書作成をご依頼ください。ご希望があれば社労士が同行して医師へご説明、診断書の受け取りもいたします。その際、取得された診断書に漏れがないか、内容に訂正すべき個所がないかなどを社労士がチェックいたします。ご依頼者様にご負担のないよう、全力でサポートいたしますのでご安心ください。

なお、医師の診断書作成費用(5000円〜1万円)についてはご依頼者様のご負担になります。

●病歴・就労状況等申立書(病歴状況申立書)の作成

ご依頼者様の過去の病歴や現在のご苦労をしっかりとヒアリングして、丁寧に病歴・就労状況等申立書(病歴状況申立書)を作成いたします。

 

7 申請書提出

年金事務所(市区町村役場)への障害年金請求は社会保険労務士が行います。請求後の年金事務所からの問い合わせ対応も社労士がいたします。受給が決定した場合は、初回年金が振り込まれましたら、報酬のお支払いをお願いいたします。不支給となったときには一切費用は発生いたしませんのでご安心ください。

 

●NPO法人サルベージの安心サポート

 ●お電話・メール相談
 ●面談のご予約
 ●案内状を送付
 ●カウンセリング
   ●正式に委任契約
 ●申請書類の作成
 ●申請書類の提出
 
   ●審査・再審査請求
 ●受給権取得後の報酬の分割払い
 ●現況届時アドバイス
 ●各専門家アドバイス

Copyright© 2013 NPO Salvage All Right Reserved

●TOPページ ●ことば解説 ●障害認定基準 ●障害年金講座(マンガ解説)
●社会保険労務士の紹介 ・公的年金と障害年金 ・眼の障害
・障害年金の趣旨は?
●代行申請の料金とサービス ・障害年金の仕組みと支給額 ・聴覚の障害 ・行政の対応は?
●サルベージとは ・障害年金の対象となる傷病 ・鼻腔機能の障害 ・結局、いくら年金もらえるの?
●障害年金のきほん ・障害の状態・等級とは ・平衡機能の障害 ・社労士の報酬は?
●Webマンガでわかる障害年金 ・障害認定基準とは ・そしゃく・嚥下機能 ・どんな病気でもらえるの?
●障害年金Q&A ・受け取るための3つの条件 ・言語機能の障害 ・「もらえる条件」って何?
・初診日とは ・肢体の障害 ・初診日って何?
・相当因果関係とは ・精神の障害 ・初診日がなぜ大切なの?
・社会的治癒(再発)とは ・神経系統の障害 ・保険料納付要件って何?
●サイト内検索 powered by Google
・重要な保険料納付要件とは ・呼吸器疾患 ・障害認定日って何?
・障害認定日とは ・心疾患 ・障害等級って何?
・タイプ別の請求時期 ・腎疾患 ・診断書で重要なことは?
・障害手当金とは ・肝疾患 ・いつお金はもらえるの?
・20歳前傷病とは ・血液・造血器疾患 ・働いたらストップするの?
・特別障害給付金とは ・代謝疾患 ・不服なら行政に楯突こう!
・お手続きと必要な書類 ・がん
・審査する書類 ・高血圧
・年金請求書の提出先 ・その他の疾患
・審査請求
・他の給付制度との調整
・障害が重くなったら